1. TOP
  2. project
  3. イノベーションスタジオ福岡

イノベーションスタジオ福岡

2016年6月〜2017年1月 
タイトル:イノベーションスタジオ福岡プロジェクト4

九州大学受託研究として、福岡地域戦略推進協議会と共同で「イノベーションスタジオ福岡プロジェクト4」運営に携わりました。

◇ イベントテーマ:
『災害を乗り越えるイノベーション』

イノベーションスタジオ福岡とは、社会や地域の課題を、事業づくりを通して解決することを目的とした、市民による市民のためのイノベーション創出プログラムです。今回は「防災」や「災害復興」を目的とし、「災害を乗り越えるイノベーション」をテーマにワークショップを開催しました。

 2度の最大震度7の地震に襲われた熊本地方。震災によって加速した地域の課題、そして再考を迫られた災害への備え。自然災害大国日本に住む私たちに突きつけられた多くの重い課題は、その一方でイノベーションの鉱脈とも言えます。事実、東日本大震災では、被災地の課題解決を通じて新たな地域の可能性を創造する多くのイノベーターが出現し、その知恵と情熱はいまや被災地を超え、国内外の各地に広がって、社会に大きな影響を与え始めています。こんな反転攻勢を、ここ福岡から始めたい。イノベーションの力で、災害を乗り越え、人類に明るい希望をもたらす事業を、社会人融資を中心としたメンバーで約半年にわたり行いました。

■プロジェクトの流れ
 Phase1 (2016.9.18〜11.18)
 リサーチ、フィールドワーク期間
 生活者の周辺にある課題を探求し、創造的な切り口を発見し、イノベーション機会に転換する。

 Phase2 (2016.11.19〜2017.1.27)
 Phase1で生まれたアイデアコンセプトをプロトタイプとしてカタチにし、実験を繰り返すことで、磨き上げる。

 Phase3 (2017.1.28〜)
 Phase2によって磨き上げられたビジネスモデルやアイデアを持つチームに対し、FDCが事業化に向けた支援を行う。

【プロジェクトメンバー】
福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C)
平井 康之 
九州大学大学院芸術工学研究院
田村 大 
株式会社リ・パブリック
張 彦芳 
九州大学大学院芸術工学研究院

〔PDFダウンロードはこちら〕

イノベーションスタジオ福岡ホームページ