TOP >  About >  インクルーシブデザインについて

インクルーシブデザインについて

WHAT IS “INCRUCIVE DESIGN”?

本来排除されていたユーザーを包括する。_____

身体的なものに限らず経済的や感情的、デジタルなどあらゆる領域でこれまでの製品・サービスから排除(Exclude)されていた人々を、企画・開発の初期段階から巻き込んで(Include)、一緒に考えていくデザインの方法です。それまで排除されていた人たちを包含し、かつビジネスとして成り立つデザインを目指しています。

designthinking-2

designthinking-3

インクルーシブデザインの立ち位置。_____

アメリカ発祥のユニバーサルデザインと、イギリス発祥のインクルーシブデザインは、理想は同じですがアプローチが大きく異なります。
インクルーシブデザインは“人々とともに考える“、つまり「コ・デザイン(co-design)」の考え方であり、製品の企画やニーズの模索の時点、初期段階から多様な人々に参加してもらって一緒に考えていくアプローチを取っています。
コンセプトメイキングだけ携わる、デザインを一緒につくるなど場合によりますが、一番大事なのは「相手の本音を聞く」ということが大切です。インクルーシブデザインでは、「熱い思い、願望」を意味する「アスピレーション(aspiration)」を重要視し、人々が自然に使えたり、ポジティブな思いを持てたりするようなデザインを行います。インクルーシブデザインの生みの親である、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(英国王立芸術大学院、以下RCA)のロジャー・コールマン名誉教授がインクルーシブデザインをはじめるきっかけになった話が象徴的です。